MENU

示談が良い条件で成立しそうにない時に頼れる

示談は様々な状況において行われるものですが、特に有名なのが交通事故に関わる内容です。交通事故の被害者となってしまった方が相手の保険会社などを相手に賠償額を請求するための話し合いを進めるもので、良い条件での示談としないと被害者側が受け取れる金額がすくなくなってしまいます。

 

中には示談とは当事者同士での話し合いとイメージされる方がいますが、必ずしも当事者同士とは限りません。裁判をせずに決めることを主に示談と呼び、被害者と保険会社が話し合いを進めるのも示談です。

 

示談交渉で主に進められる内容は被害者側に支払われる慰謝料額で、怪我の治療費などに実際にかかる費用とは異なり、具体的な金額が見えてこない慰謝料の金額は両者の言い分がぶつかり合うことも少なくありません。

 

交通自今被害者となってしまった方は多くの慰謝料を得たいと考えますが、保険会社は自社の懐が痛むので慰謝料は少なくしたいと考えています。これでは示談の成立が難しいのも当然で、さらには保険会社は示談のプロとも言えるため、どうしても被害者側が不利な条件での示談の成立となってしまう場合が多いです。

 

良い条件で示談の成立に期待ができないのであれば、交通事故の示談交渉に強い弁護士を頼ってみるのも良いでしょう。弁護士に依頼をして示談を進めてもらうのであれば、被害者側は保険会社と面倒なやり取りを行う必要は無いので、手軽にスムーズに好条件での示談の成立が期待できるのです。

 

交通事故が多い地域では示談に強い弁護士も少なくないので、全国でも交通事故の件数が多い愛知県では愛知の交通事故示談を調べておき、被害者が損をしないように示談が進められるようにしておくと安心です。