MENU

債務整理をしてもデメリットがほとんどないケース

借金が返せない際に進める任意整理や自己破産といった債務整理は、信用情報にネガティブな情報が記録されてしまうというデメリットがあります。ネガティブな情報が記録されると保有期限内は新規でのカード契約などが難しくなってしまうので、何かと生活に与える影響も大きくなってしまいます。

 

しかし、債務整理を行わなくても長期間の返済の滞納となっていると動揺にネガティブな情報が記録されている場合があるため、既に借金の返済ができなくなって何ヶ月も経過しているといった方であれば、債務整理を行ったところで信用情報へのデメリットはないことになります。

 

例えば任意整理による債務整理を進める際には、一時的に返済をストップさせるために長期の返済遅れを示す「異動」の記載がされます。しかし、既に長期の返済遅れとなっていれば異動の記載がされていることになるので、そこから任意整理による借金返済のストップをしたところで変わらないのです。

 

借金の支払いをせずに時効まで逃げ切る気であればどうでもよいと思うかもしれませんが、借金の時効を成立させるのは難しいです。債権者側もあの手この手で時効の成立を阻止してくるので、数年間粘っても結局は無理だったという状況も少なくないのです。

 

やはり借りたものはしっかりと返済をしてきたいものなので、債務整理によるきちんとした借金の解決を行ってください。債務整理によるデメリットが嫌だという方は債務整理をしても遅れてもブラックになる事実からも、既にデメリットを受けている可能性があるので気にするまでも無いかもしれません。